キャナル八王子

KEOUGH HACKLE

キーオハックルの歴史

1940年~50年代にアメリカ・キャッツキルのフライタイヤーのHarry Darbee氏が現在の
ジェネティックハックルの基礎となるフライタイイング用のハックルを試行錯誤の末に
生み出しました。その素晴らしいハックルはやがてミネソタ州の弁護士Andy Miner氏に
受け継がれ非常に細いカラーバリエーションのハックルへと劇的な進化を遂げました。
その進化を遂げたフライタイイング用ハックルは、後にいくつかのブリーダーへと受け
継がれます。そのうちの一人がCarey Quarles氏(Colorado Quality Hackles社)です。
Cuarles氏によって受け継がれたハックルと彼の会社は、1990年にBill Keough氏に
よって買収され、その後20年以上に渡る品質改良の上できあがったのが現在の
「KEOUGH HACKLE」です。

コック(雄)ネックハックル

昨今、張りがあるハックルが少なくなっている中このキーオーハックルはハックルファイバー
に張りがあり
”パリッ”とした巻きあがりになります。ストークはしなやかなので巻きやすい。
レギュラーカラーはグリズリー(縞縞)、ブラウン、ブラック、クリームの4色ですが、
キーオー社の在庫によりそれ以外のカラーも不定期で入荷します。各\9,300。

コックサドルハックル

雄鶏の背中から垂れ下がっている長いハックルで、ファイバーの長さが
フック番手12~16番が巻けるサイズがメインに取れる。
ヘビータイヤーに
おススメのハックルです。ネックより羽軸が柔らかいが適度な張りが
残っているので巻きやすいサドルと言えます。
レギュラーカラーはグリズリー(縞縞)、クリームの2色ですが、
キーオー社の在庫によりそれ以外のカラーも不定期で入荷します。各\9,800。

お問い合わせ

マテリアルの価格についてお知らせ。
原材料高騰の為、入荷の度に価格が変更致します。
ご注文前に価格をご確認下さい。
何卒、諸事情をご賢察の上、ご了承を賜りますようお願い申し上げます。

Mobile QR Code

QRコード
携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。
CANAL

〒192-0071
東京都八王子市八日町3-8サクセス八日町1F
TEL 042-626-4433
FAX 042-626-4458
営業時間10時~18時(休憩13時~14時)

>問い合わせはこちらから
PAGE TOP